« 映画「るにん」のロケ地へのこだわり | トップページ | 映画「チコと鮫」の舞台 »

2007年4月23日 (月)

映画「るにん」のエンドクレジット

映画「るにん」のエンドクレジットに、ローリングロケーション協力として、八丈島の町役場(産業観光課)、漁協、JA八丈島支店、観光協会、三根地区女性部、赤松スタンド、プレシアリゾート八丈など、島の行政、各種団体、企業などがあったし、

「抜け舟」が漂着した房総半島周辺のロケ地でも、いばらぎフィルムコミッションや千葉フィルムコミッションなどの名も挙がっていた。

Dsc01241

いずれにしても、地域の行政、団体、企業、学校、そして住民など、地域方々の支援がなければ、映画の撮影は成り立たない。

これからのフィルムコミッションには、地域からの期待と映像制作者のニーズを上手く汲み取って、両者のよきコーディネーターになることが期待されており、現在、その仕組み作りが模索されているようである。

参考資料

幡多野哲朗編著:映画監督になるには、ぺりかん社

轟夕起夫著:映画監督になる15の方法、洋泉社

泊貴洋編集:映画監督になる06-07、演劇ブック社 他

ウィキペデアの映画用語、シナリオ作家協会の映画用語集など。

Dsc01243

写真は「るにん」のロケ地となった八丈島のふるさと村で撮影。

|

« 映画「るにん」のロケ地へのこだわり | トップページ | 映画「チコと鮫」の舞台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「るにん」のエンドクレジット:

« 映画「るにん」のロケ地へのこだわり | トップページ | 映画「チコと鮫」の舞台 »